レグナムの事故車買取り・無料出張査定のタウ

事故で壊れた車でも
実は高く売れるんです

↓↓タウの公式サイトはこちら↓↓

業界最大級の高価買取実績

タウの事故車買取事例
タウの最大の強みは「高価買取」。日本全国で毎日100台以上の買取実績が証明するとおり、多くの人に選ばれています!

全国無料出張査定

日本全国18支店に120名の営業マンを配置!
ディーラー・自宅、どこでも無料で出張査定に来てくれます、またその日のうちに三菱 レグナムの事故車の買取金額を提示してくれます!

多くのメディアで取り上げられる

「事故車の売却は初めて・・・」と不安を抱かれる方が多いようですが、タウ(TAU)のサービスは多くのメディアで取り上げられるので安心して依頼することが出来ます。

手数料がすべて無料

出張査定・名義変更・レッカー代など、すべて無料で対応!
売り手にとって一番おトクな三菱 レグナムの売却方法を提案してくれます!

車種概要

車種 レグナム
メーカー 三菱
タイプ ステーションワゴン
生産国 日本
駆動方式 FF/4WD
排気量 1834~2498(cc)
乗車定員 5名

レグナムの事故車買取り・無料出張査定のタウ

事故で壊れた車でも
実は高く売れるんです

↓↓タウの公式サイトはこちら↓↓

業界最大級の高価買取実績

タウの事故車買取事例
タウの最大の強みは「高価買取」。日本全国で毎日100台以上の買取実績が証明するとおり、多くの人に選ばれています!

全国無料出張査定

日本全国18支店に120名の営業マンを配置!
ディーラー・自宅、どこでも無料で出張査定に来てくれます、またその日のうちに三菱 レグナムの事故車の買取金額を提示してくれます!

多くのメディアで取り上げられる

「事故車の売却は初めて・・・」と不安を抱かれる方が多いようですが、タウ(TAU)のサービスは多くのメディアで取り上げられるので安心して依頼することが出来ます。

手数料がすべて無料

出張査定・名義変更・レッカー代など、すべて無料で対応!
売り手にとって一番おトクな三菱 レグナムの売却方法を提案してくれます!

考え方は人によって様々だと思うのですが

考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一番スマートな方法だと思っているので、車の買い換え時には、得が出来ると言う事を人から聞きましたので、下取りに出さず、中古車をあつかう専門の買い取り業者に査定を頼んで、買い取って貰うことにしてます。

 

 

 

どうやるかというとまず、ネット上の一括査定ホームページをパソコンかスマホで表示し、そこにある入力フォームに車種や電話番号など必要事項を記入して登録をすると、業者の方から連絡がきます。

 

メールのこともありますが、電話連絡が多いです。通常四社か五社くらいから反応があるようです。その時に、自分の車がいくらで売れるかを聞きます。

値段がわかったら、金額の良い2、3社を候補にのこしておいて、他のところには、もう断りの電話を入れてしまいます。

 

車を手放すときに、買取と下取りのどちらがいいかというと、高値で売りたいと思うなら買取です。

 

 

下取りは買取よりも安値で手放すことに繋がります。下取りだと評価されないところか買取なら評価してもらえることも多いです。

特にレグナム(三菱ステーションワゴン)の事故車を売却したい時は、下取りでは評価が非常に低く、廃車費用を請求される可能性もあります。

 

 

 

いままで乗っていた車を業者に売却するときは、査定前に車の掃除だけは済ませておきましょう。

 

車の中は、初めての人を招くのと同じ気もちで掃除すれば大丈夫です。

 

トランクルーム内の物品はどかしておいて頂戴。

 

屋外保管で外側が汚れているときは、洗車するといいでしょう。

 

 

普段使っているカーシャンプーでサッと洗えば十分だと思います。普段使わないブラシなどで念入りにやると、塗装に傷がついたり色ムラになる事もあるので、清潔さを第一に考えて頂戴。

 

 

 

ボディの上下であるルーフと足回りは汚れが残りやすいので、よく洗い落としましょう。バケツの水とスポンジくらいでもだいぶきれいになります。石ハネ部分をタッチペンで修正したり、タール汚れを無理にとるのは営業さんもおすすめしていません。愛車のekワゴンを7年ぶりに手放すことにして、新しい車の購入に際して下取りも考えましたが、下取りの提示金額に不満がありました。少しだけ手間は必要でしたが、事故車専門の買取りサービス【タウ】の方がずっと良い金額で買い取ってくれました。

 

 

今回は一括査定をお願いしたので、市場価値の相場も大体分かって良かったですし、思った以上にスムーズに買取きの手続も進められました。

 

 

 

下取りの場合と買取の場合の額の違いを考えたら、買取を選んで本当によかっ立と思いました。