Cクラスの事故車買取り・無料出張査定のタウ

事故で壊れた車でも
実は高く売れるんです

↓↓タウの公式サイトはこちら↓↓

業界最大級の高価買取実績

タウの事故車買取事例
タウの最大の強みは「高価買取」。日本全国で毎日100台以上の買取実績が証明するとおり、多くの人に選ばれています!

全国無料出張査定

日本全国18支店に120名の営業マンを配置!
ディーラー・自宅、どこでも無料で出張査定に来てくれます、またその日のうちにメルセデス ベンツ Cクラスの事故車の買取金額を提示してくれます!

多くのメディアで取り上げられる

「事故車の売却は初めて・・・」と不安を抱かれる方が多いようですが、タウ(TAU)のサービスは多くのメディアで取り上げられるので安心して依頼することが出来ます。

手数料がすべて無料

出張査定・名義変更・レッカー代など、すべて無料で対応!
売り手にとって一番おトクなメルセデス ベンツ Cクラスの売却方法を提案してくれます!

車種概要

車種 Cクラス
メーカー メルセデス ベンツ
タイプ セダン
生産国 ドイツ
駆動方式 FR
排気量 1595~1991(cc)
乗車定員 5名

Cクラスの事故車買取り・無料出張査定のタウ

事故で壊れた車でも
実は高く売れるんです

↓↓タウの公式サイトはこちら↓↓

業界最大級の高価買取実績

タウの事故車買取事例
タウの最大の強みは「高価買取」。日本全国で毎日100台以上の買取実績が証明するとおり、多くの人に選ばれています!

全国無料出張査定

日本全国18支店に120名の営業マンを配置!
ディーラー・自宅、どこでも無料で出張査定に来てくれます、またその日のうちにメルセデス ベンツ Cクラスの事故車の買取金額を提示してくれます!

多くのメディアで取り上げられる

「事故車の売却は初めて・・・」と不安を抱かれる方が多いようですが、タウ(TAU)のサービスは多くのメディアで取り上げられるので安心して依頼することが出来ます。

手数料がすべて無料

出張査定・名義変更・レッカー代など、すべて無料で対応!
売り手にとって一番おトクなメルセデス ベンツ Cクラスの売却方法を提案してくれます!

車を売るときには小傷はそのままでも構いませ

車を売るときには、小傷はそのままでも構いません。ただ、査定前にきれいに掃除はしておきたいものです。

車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意して下さい。

 

屋外保管で外側が汚れているときは、洗車するといいでしょう。

 

ワックス入りのカーウォッシュで洗うくらいで充分です。

 

以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、ムラが出たり、傷がつく危険もあり、清潔さを第一に考えて下さい。屋内保管でも、走っていればホイール周りは汚れるのできれいにしておくと良いでしょう。

バケツの水とスポンジくらいでもだいぶきれいになります。

石ハネ部分をタッチペンで修正したり、タール汚れを無理にとるのは営業さんもお奨めしていません。

 

業者に車を買い取って貰おうと思い、インターネットの簡単査定を利用してみました。車種は赤のアウディであり、まだ乗り初めて5年しか経っておらず、メルセデス ベンツ Cクラスの査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。査定をおねがいしていた買取業者に来てもらって説明してもらいましたが、「今時は軽自動車の方が外車より買取額が高い」と言われて衝撃を受けました。車査定の際、洗車を済ませておいた方がいいのかどうか、というのはこれについては、意見は割れています。査定前には洗っておいた方がいい、と考える人は多くいて洗車しておけば良いだろうと考えてしまいますが、汚れをきれいに落としてしまうと、表面にある細かいキズがとても目立ってきます。確かに汚れで傷は隠れるでしょうが、沿うはいっても査定人だってこの道のプロ、こういったケースにも慣れています。洗車するしないには全く関わりなくキズを見落とすかも知れない、などと考えない方が良いでしょう。だったら、査定人に気持ちよくシゴトをして貰うためにも、汚れを落としてきれいに洗っておけば良いでしょう。

古い車でも買い取ってくれるのかという質問はかなりあります。

古くても売れる車種というのは限られていて、それも業界で言う「新車同様」「極美」レベルなら査定担当者も値段をつけてくれるでしょう。

 

 

 

一方、一括で見積もってもらったときに価格がつかないような車だとかなり渋い価格でしか買い取って貰えないと思います。沿ういう車は個人売買が向いていると思います。売主側のほうでも魅力をアピールでき、営業マンの目線ではなく「買いたい人」の判断になるため、買取査定時より高い値段がつくかも知れませんので個人売買の手続きについて紹介しているブログもけっこうあるようですし、参考がてら回ってみてはいかがですか。